2005年12月19日

低反発

今朝新幹線で神戸から帰京した。
のだけど、まぁ途中の雪のすごかったことったら。
名古屋駅付近では、あたかも紅白のトリで熱唱するサブちゃんの後ろで降り積もるかの如く、ドカドカと降ってました。
おかげで新幹線は1時間20分の遅れ。
遅れを予想して、予定より1時間早いのぞみに替えておいて正解でした。

ということで、昨晩は神戸のホテルに宿泊。
で、またしても初体験の出来事が。
それはテンピュールベッド。
今やおなじみになった低反発素材のテンピュールのベッドです。
実はオイラなにげに低反発素材マニアでして。
枕はもちろんテンピュールを3年前から愛用。もう手放せない、いや頭放せないほどの溺愛ぶり。
で、帰国時に自宅のベッドもテンピュールにしたかった。のだが経済的理由で断念。
結局、なんちゃって低反発素材ベッドを使っている日々です。
それだけにテンピュールベッドへの憧れは人一倍。
今回、機会あってテンピュールルームが予約できたので、密かに楽しみにしてました。
その代わりネットに接続できなくてマンガ喫茶まで行くハメになったけど
チェックインし、部屋に入るやいなやベッドに倒れ込む。
むゆゆゆんとオイラの体を包み込むマット。嗚呼、夢にまでみた瞬間。
さすが本物は、うちのパチモンと違い、柔らかい。し、しっかりと体を包み込む感じがする。
すっかりオイラご満悦。むよよんもよよんと、マットを押し、独特の感触に酔いしれるのでした。
そして夜になり、いよいよお待ちかねのベッドイン。なんだか淫靡だな、この表現。
背中に、腰に、柔らかく触れるマットの感触を楽しみながら、気がついたら既に夢の中。
そして7時の目覚ましと共に起床。あー良く寝た。
あまりの気持ち良さに起きれないんじゃないかと心配したけど、どうやら取り越し苦労。スッキリとした目覚め。
と思ったら。
なんか、首の後ろあたりがおかしい。
寝違えたというのではないのだが、妙に疲れてる感じ。肩凝りに似た症状。
おかしいなぁ?全身テンピュール効果でお目覚めパッチリ全身スッキリのはずだったのに。
結局ナゾのダルさは、その後消えることなく、結局終日続いたのでした。
なんでしょうねぇ、いったい。慣れてなかっただけなのかしら?それともビンボー人の体には合わなかったのかしら?
posted by Ochi at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

おもひでぽろぽろ

以前から言い続けてるのだが、「機内食に美味いもの無し」だと思ってる。
ということで、今回はスペシャルミールをオーダーしてみた。
日本アジア航空のサイトから、「フルーツミール」なるものをオーダー。
その結果はこんな↓感じ。

さすがにフルーツの美味しい台湾からの帰国便なので、出されたフルーツはどれも美味。
難点は、すぐにお腹が空いてしまうことだが、これはオイラ特有の現象かと思われ。
みなさんも機会があったらお試しあれ。いちいちchickenかfishかで悩まんでもいいし。

ということで台北逃避行もあっさり終了。
今日からはまた通常モードでお届けしますバカ日記。
とりあえずは、台北の思い出話あたりから書いてきましょか。

■カフェ
まずは台北カフェ事情から。得意分野から。
ご存知の通り台湾と言えば「お茶」というイメージだと思う。それは正しい。
でも若者には、お茶よりコーヒーなのだそうで。
現地にあった日本語ミニコミ誌によると、お茶はジジムサイのだとか。
いずこも事情は似たようなもんか。お茶おいしいのに。
で、カフェですが、東京にあるようなオサレカフェがいっぱいありました。
ナチュラル系・ホワイト系・ラウンジ系・ダウナー系などなど、いろんな種類のカフェがあります。
値段的には、スペシャリティコーヒーが約NT$120〜150。一見フツーのように思えますが、物価水準やら賃金水準を考慮すると、東京より高めではないかしら。
オサレスポットに行くのも、金がかかるってことです。あ、日本もか。自爆。

■親日
全般的に、台湾の人たちは親日的だと思う。
特に昨今の近隣アジア諸国との関係がアレなのも手伝ってるとは思うが、どこに行っても歓待ムード。
まぁ、お客さんなんだから、当然っちゃあ当然かもしれんが。
街の本屋には、日本の雑誌が日本語のまんまで販売されてる。
とくに女子のオシャレ系雑誌。日本の婦女子はオサレの基準となってるようである。
テレビでは日本のアニメが吹き替えられて終日放送されてる。
多く目についたのは、藤子不二雄もの。ドラえもん、忍者ハットリくん、キテレツ大百科あたり。
なんだよのび太学校のテストは出来ないくせに中国語は話すのかよ、と意味の分からぬジャイアニズム発動してみたり。
街の怪しげレコード屋(死語)では、日本のTVドラマがビデオCDになって山ほど売られている。
で、みつけたのがこれ↓。電車男(TVドラマ版)のビデオCD。

まだ日本でもDVD化されてないっちゅうに。早過ぎ。
しかも伊東美咲が「美崎」になってるあたり、パチモン指数を増幅。
げに恐ろしきは資本主義ナリ。

まぁ他にもいろいろありますが、長くなりそうなので今日はこのあたりで。
さて明日から何について書こうかね?ネタ探しに旅に出たいわ(笑)
posted by Ochi at 21:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | Misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

Emmys速報

今日はこの後でもう1エントリ書きますが、とりあえずはこちらから。
第57回エミー賞の発表が、ロサンゼルスで現地時間9月18日に行われました。
個人的な興味としてはRaymondがどれだけ受賞できるのか。
で、結果は以下の通り。

助演男優賞:BRAD GARRETT
助演女優賞:DORIS ROBERTS
主演男優賞:TONY SHALHOUB(Monk)
主演女優賞:FELICITY HUFFMAN(Desperate Housewives)
最優秀コメディシリーズ:EVERYBODY LOVES RAYMOND

ということで主要5部門のうち3部門を制覇。
有終の美を飾るにふさわしい結果となったのではないでしょうか。
特に作品自体が賞をもらうことは、総合評価としての結果ですからひとしおでしょう。
あとはPattyが主演女優賞を取れれば文句無しだったのですが、まぁこの部門は今回Desperate Housewivesの3人のうち誰かだろうと思ってたし。
ま、いずれにしても良かった良かった。と思ってるのは日本ではオイラだけだろうな、きっと。
posted by Ochi at 18:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | Misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

57th Emmy Awards Nominees

今年のEmmysのnomineesが米国時間の今朝(=ついさっき)発表されました。
今年がファイナルのEverybody Loves Raymondは全部で14部門でのノミネート。
まずまずといったとこでしょうか。
例年通り、主演男優・主演女優。助演男優・助演女優にはいつもの5人がノミネート。
FriendsもSATCも無き今年はELR楽勝かと思っていたら、新たな強敵が登場。
それはABCの"Desperate Housewives"。
瀕死の状態にあえいでいたABCが文字通りdesperateになって送り出したSATCもどきともおぼしきこのドラマが大化け。視聴率競争では常にトップクラスを維持するまでに。
でも最後だしなぁ。勝ってほしいものです。特にごヒイキのPatty Heatonには。
ちなみに全ノミネートのリストはEmmys公式から入手可能(PDF形式)。興味のある方はどうぞ。完全英語ですが。
しかし、Joey、メジャーどころのノミネート1ケも無しですか。ホントに奮わないのね(´・ω・`)ショボーン
ちなみに発表は9/18。見たいナリ。
posted by Ochi at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

有終の美

またも1日2エントリで。
Raymond最終回の視聴率が出たようです。
ニュース記事(英語)はこちらから。
これによると、最終回の視聴率は20.2%、占有率は29%だとか。
推定視聴者は約3300万人。昨年のFriendsのfinal(約5200万人)に比べると少ないように見えるかもしれませんが、いや充分立派でしょう。
当然の如く、これがRaymondでの最高視聴率に。でもエピ内容はいつもの調子だったとか。やっぱりかい。
ここ最近の新聞・雑誌には「シットコムは死んだか?」というキーワードが良く並んでました。
ということを考えると、Raymondが生き残っていたmajor sitcomだという共通認識があったのかもしれませんね。
posted by Ochi at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鯖不調

Bonjour, comment ça va?
早朝からハイテンションのOchiですおはようです。
何で朝っぱらからエントリ書いているかといいますと、昨日ずーっとサーバが落ちてたらしく、エントリが打てない状態だったもので。
ご覧になった方も、いつもと様子の違うページが出てきて「???模様替え???」と思われたかも。
これまたレイアウトを司るサーバが死んでたのが原因でしょう。
以前、あまりにサーバダウンが頻発した時に引越しを検討したのだけど、また考えなきゃいけないかしら?
かといって、1年半分、約700ものエントリを持っていくのもシンドイし。う〜む。
きっと、あと半年は悩んだままだと思います。B型やねぇ。
posted by Ochi at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

Final day

久々の1日2エントリです。
先日も書いたかと思いますが、米国では今日5/16(月)に Everybody Loves Raymondがフィナーレを迎えます。
9年間、210エピソードの歴史にピリオドを打つことになります。
(ちなみに、過去形でないのは、放送時間が米国での午後9時からだから。つまり、現時点ではまだ放送されてないからです。)
日本では、全くといっていいほど取り上げられることも無く、ジミーに終わっていきますが、本国アメリカではそこそこ盛り上がっている模様。
出演者は先週来さまざまなTV番組にゲスト出演し、今日はあのNYSE−ニューヨーク証券取引所の開始ベルをメインキャストの5人が鳴らすというイベント付き。
本放送の1時間前からは、9年間の総集編が1時間スペシャルで放送される模様。このあたりはFriendsの時と一緒。
でも本放送はいつものごとく30分。で、内容もいつもの通り淡々と進み、淡々と終わるとか。
ま、そのあたりがELRっぽくて良かったりするんですけど。
GWに海外行ってなければ、ビデオ担いで渡航したい勢いでしたが、さすがにそういう訳にもいかず。う〜む無念。
5/24には、そのファイナルエピが収録されたDVDが発売されるようですので、とりあえずそれを購入して楽しむ予定です。
にしても、これからPatricia HeatonとBrad Garrettを見るにはどうしたらいいのやら。ものすごくマニアックな悩みを抱えております。
posted by Ochi at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

休載のお知らせ

お休みのお知らせです。
このblogを置いているNewsHandlerのサーバ移行等に伴い、4/7の10時から4/10の22時まで更新作業ができなくなります。
しかも4/8の22時からは閲覧もできなくなるとのことです。
いつもご覧いただいているみなさんには申し訳ございませんが、しばらくおヒマを頂戴させていただきます(笑)
しかし、ホントにそのスケジュールで終わるのかね?こういうもんにトラブルはつきものだからねぇ。と、思わず本業のように心配などしてみる。
状況については本館WorldWideCafe.netのWordにも載せときますので、そちらもご参照あれ。
ホントは桜が見頃の時期なのに、残念。
posted by Ochi at 21:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | Misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

撮影終了

久々のRaymondネタで。
先週の金曜日にELRファイナルエピの撮影がしゅうりょうしたとのこと。
REUTERSのニュース記事など、そこそこ取り上げられてはいる様子。
予想通り、最終回スペシャルということもなく、いつも通りの30分枠放送。
ただし、その前(なのでPM8時から)にretrospective show(総集編?)がオンエアされるとのこと。
ちなみにファイナルは5/16放送。渡米したいよ、HDDレコーダ担いで。
posted by Ochi at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

10years

今日だけは、ちゃんとします。
何故なら今日は1月17日。
10年前の今日、阪神・淡路大震災が起こった日です。
震災から2ヶ月後に降り立った三宮の光景は、きっと一生忘れません。
愛する街の凄惨な姿は、思い出すだけでも辛くなります。
いまだに元いた場所に戻れないでいる人も多数いるのだとか。
被害に遭われた方全員に、安息の日々が1日も早く訪れることを願って止みません。
posted by Ochi at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Misc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする