2005年10月29日

練馬カリ〜番長

今日の夜、知り合いのミュージシャン(映画監督もしているらしいが)のライブに行ってきた。
ピアノ弾き語りで歌うラブソングは、スイーツのように甘い歌。
歌は良かったのだが、いかんせんその人アガリ性で、曲間のMCがタドタドしい。
「話す技術」というのは大切ですね。特にあのような客商売には。
もうちっと人前で話す練習した方がいいと思うよ。神宮司聖さん

さて、週末です。
休みといえば、もちろんカフェ三昧でしょ!
と思ったら大間違い。
今日はカレーの日です。
実は先日、会社の人にカレーに誘われた。
その人、練馬在住なのだが、オイラがカレーの偉い人々と出かけてたのにインスパイアされたのか、「ウチの近所のカレー屋にも行きましょうよ」とのこと。
OKわかった。誘われたら断れないのがオイラの性。出会い系は別だったけど。
ということで、出かけてきました練馬カレー巡業。

まずは、ランチを食べたお店「ケララバワン」からご紹介。
練馬駅から歩いて約5分ぐらいのところ。練馬区役所の方に向かう途中のあたりにあります。
お店のチラシに「本場南インドの伝承レシピ」と書いてある。どうやら南インド料理らしい。
お店に入ると、インド人とおぼしき従業員の方々が「イラッシャイマセ〜」とお出迎え。上手な日本語でご挨拶。あ、こりゃどうも。
ランチタイムのメニューは全部で8種。よく見りゃスープカレーセットとかもある。それって南インド料理ですか??
とりあえずオイラは、カレー2種類にマライティカ・デザートの付くCセット(¥960)をオーダー。
ランチタイムとあって、店内はほぼ一杯。ウチらが食べ終わる頃には待ちの人も出ていたようで。結構賑わっているご様子。
待つこと約10分、カレーが運ばれてきた。ナンがデカい。しこたまデカい。お皿からはみ出してるし。
カレーのチョイスは、キーマとサンバル(豆と野菜)にしてみた。が、どちらも辛さ控えめ。
オイラが辛いカレーを食べ慣れたせいなのか、敢えて辛さを日本風にアレンジしてるのか分かんないけど、想定外の辛くなさ。いや、美味いはフツーに美味いんだけどね。
ナンは、厚み普通、柔らかさも普通のもの。個人的にはもう少しもっちりした食感のものが好きなのだが、ま、人それぞれだしね。

一休みした後、夕方に訪れたのは「シャネ パンジャブ」。
練馬駅から目白通りを越えたところ。駅から10分ほど歩くような場所。
ロケーションはイマイチなのだが、この店は2001年のTVチャンピオンで優勝(全国カレー職人選手権)している実力派なのだ。
ランチのケララバワンが南インドだったのに対し、こちらのお店は北インド料理のよう。
お店に入ると、狭い店内に店員さんがフロアに厨房にひしめき合う感じ。実際には3人しかいないけど。
こちらのカレーは7種類。ライス・ナンはカレーと別売りになってるので、注文し忘れないように!
オイラはサグチキンカレー(タンドリーチキンとほうれん草)をプレーンナンでいただく。
壁に貼ってあったインド地図を見ながら談笑していたら、カレーが登場。待ってました。
早速ナンをちぎってカレーを付ける。
うん、辛くない。ほうれん草がベースになっているからマイルドな口当たりだ。
(ちなみに、辛さはお好みで4段階を注文できる)
連れがオーダーしたダルフライカレー(ダル豆)を、ちょっぴり試食させてもらったら、こっちのが辛かったし。
ナンは、こちらも食感ソフトめ、焼き加減もソフトめ。大きさは、まぁ丁度いいぐらいかなぁ。

ということで、今日の成果は2カレーでした、隊長。誰だよ一体。
カレーばっかり食べるのも、エライことだというのを身をもって体験。
カレーの偉い人たちのエラさ加減を再認識しました。
やっぱオイラにゃカレーよりもカフェのが向いてるかも。スイーツもあるし。ごめん、軟弱で。

■Information
ケララバワン(KERALA BHAVAN)
練馬区豊玉北5314 松村ビル1F
0339915218
ランチタイム:11:00〜15:00 ディナータイム:17:00〜23:00
http://www.keralabhavan.com/

シャネ パンジャブ(Shane Punjab)
練馬区豊玉中32110
0339942799
ランチタイム:11:00〜14:30 ディナータイム:17:00〜23:00
posted by Ochi at 23:26 | Comment(6) | TrackBack(0) | Curry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

カレーサミット

夕方、新宿伊勢丹の前で20代男性(たぶん)に声をかけられた。
「すいません、手相の勉強をしてるんですけど・・・」と、か細い声で彼が言う。
なのでオイラは
「そうですか。僕はフランス語を勉強してます。お互い頑張りましょう!」
と励ました。
何か良いことをしたような気がして、ちょっと清清しい気分になった。

で、まぁそんなことも含め、今日は昼間吉祥寺でフランス語のレッスン。その後新宿エリアで2カフェ。
そして夜は小滝橋通りで人を待つ。
待ち人は、USHIZOさんたあぼうさんらぶナベ@まろまろさんあきよさんの4人。
以前からここを見ている人にはおなじみだと思いますが、みなさんカレーの偉い人です。
事の発端はUSHIZOさんが西新宿にうまいカレー屋さんを発見し、我々を誘ってくれたこと。
その後、USHIZOさんが幹事としてこの話を取りまとめてくれて、本日に至ると。
先月の松本楼10円カレー以来の再会となり、プチ懐かしい感がありました。
7時半に全員集合し、向かった先はその美味しいカレーを供するお店、Mazic Empire
一見するとバーのような構え。それもそのはず、夜(20:00〜)はバーとしての営業になるとのこと。
店内に入り、早速カレー談義。相変わらずみなさんのネタの豊富さ、知識の深さには感心します。
で、詳しいのはカレーだけではない。いつものごとくネットの話、blogの話、その他諸々いろんなエリアの話がポンポン出てくる。
あれですかね、何かに秀でてる人たちってのは、アンテナの感度が良いんですかね。すごいです。
そうこうしているうちに、お待ちかねのカレー登場。待ってました〜♪

このお店には赤・緑・黒の3タイプのカレーがある。オイラがオーダーしたのは緑のカレー。
「カボチャ、ナス、パプリカ、ルーにも野菜たくさんマイルド」とメニューには書いてあるが、いやいや結構パンチの効いた辛さです。
でもそれが一緒に入ってる野菜や付け合せのピクルスとかとうまくマッチして、確かに美味。
他の人も赤・黒と頼み分け、全員でルーの品評会。
赤はトマトの酸味が効いている。黒はプレーンな欧風カレー的。どれもハズレ無し。素晴らしいの一言です。
全員でカレーを堪能し、食後もしばらく居座り談笑しておりました。
詳細なカレーのレビューは、他のみなさんのサイトをご覧頂いた方がよいかも。
きっとオイラのより詳しく、分かりやすく、そして美味しそうに書いてあること請け合いですから。
全くひょんなことからカレーの偉い人たちとのつながりができたのですが、これもネットの良いところですね。
これからもこの関係を大切にしていきたいと思います。
幹事のUSHIZOさんに感謝。そして、たあぼうさん・まろまろさん・あきよさん、お疲れさまでした。
で、本日のハイライトは。
カレーが出てきた瞬間、全員カメラを取り出し写真撮影タイム。
5人がカレーを前にして、ファインダーごしにカレーとにらめっこしてる姿は圧巻だったに違いない。か、異様だったに違いない。
ま、気にしてないけどね。いつものことですから。
posted by Ochi at 22:58 | Comment(2) | TrackBack(3) | Curry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

カレー10円

予想に反して、今日の東京は結局大して雨も降らず。
朝持って出た傘を全く使わず終い。ま、いいことなんですけど。
おかげで早朝から夜遅くまで遊びまくってきました。へへ。
3連休の最終日は1カフェ。いつものペースからするとかなり少なめですね。

で、その理由はこれ。

日比谷松本楼が毎年9月25日に催す「10円カレーチャリティー」に出かけてきたのです。
上の写真は朝8時半ごろの行列の様子。既にこの時点で400〜500人近く並んでいるように見えました。
もともとは、当blogでもおなじみカレーの王様(とオイラが勝手に思っている)たあぼうさんのblogで同行する人を募集してたので、手を挙げてみた次第。
当初は8時半に集合ということになってたのだけど、昨晩の天気の状況から当日はお互いムリせずに行きましょうということになり。
で、朝7時に起きたら雨も降ってないし、予定通り8時半着で出かけてみた。ら、こんな状況。
たあぼうさんにメールで状況をお知らせする。


9時から整理券が順番に配布され始める。
オイラの番号は336番。意外と早い方だったのでビックリ。もっといっぱいいると思ったのに。
9時半前にたあぼうさんも到着。彼は764番だったとのこと。
当初の話では先着1500人までと聞いていたのだけど、結局2000人がカレーにありつけたらしい。
他の参加予定者もみなさん間に合ったとのことで、よかったよかった。


そして、チャリティー開始の11時。先頭から続々と入店し、列が進んでいく。
オイラも約15分で入店。入口前にあるチャリティー用募金箱に寄付をしてから入るシステム。
すぐ隣で謎のMCが「ただ今、1000円の募金がありました〜」とか暗黙のプレッシャーをかける。小心者のオイラがいくら募金したかはナイショ(笑)
席に着き、整理券と引き換えにカレーをもらう。
お味としては「ハイカラカレー」という感じか。コテコテと具が入っている訳ではなく、やや甘めのスッキリとした欧風ルーのカレー。
朝からの行列で飢えていたオイラはあっさりと食べ終わり、他の皆さんを待つ。

で、全員揃ったところで、お茶しに移動。
今回も参加者は猛者揃い。このようなみなさんでした。各人のサイトと共にご紹介。
 ・たあぼうさん(お気に入りのカレー屋さん300)
 ・USHIZOさん(CURRY DIARY)
 ・らぶナベ@まろまろさん(まろまろ記)
 ・カレーブのみなさん(カレーブ)
相変わらずの皆さんのカレー談義のレベルの高さに感心&驚き。いやースゲーわ。
そして話はカレーだけに留まらず、ネットの話やblog・サイトの話等々、実に興味深いものでした。
時計を見たら既に夕方4時。皆さんとの再会を誓い、帰路に着いたのでした。

とまぁ、いろいろと充実した日でした。オイラ的にはまだ続きがあるけど、それはまた明日のエントリで。
最後に本日一番ビックリした話を。
ちょうど松本楼に入店した直後に、たあぼうさんから携帯にメールが来る。
見てみると「最後尾にダフ屋だそうです」と。
・・・すごいですね、資本主義って。
posted by Ochi at 21:09 | Comment(5) | TrackBack(3) | Curry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

リターンマッチ

今日からフラ語のクラスが1つ上のレベルに。といってもまだレベル8だけど。
今日の授業では時刻の読み方とpartir,arriverを学習。
しばらく時刻はフランス語読みで練習します。うかつに時間を聞いたりしないで下さい。脂汗かきますから。

さて、勝手にバースデーウィークも本日いよいよ最終日。
つか、フツーはバースデーが最終日だと思うんだが、まぁ楽しいからいいや、と。
で、最終日の今日のイベントはリターンマッチ。
何のよ?といえば、SPICE cafeへの。
6/5にノーアポで訪れたら門前払いをくらった、あの屈辱をはらすため
前回オイラと一緒に門前払いをくらった会社の人(♀)と、今度はバッチリ予約をして臨む。
当たり前だが、今回はすんなり入店。で、カレーディナーをいただく。
カレーもさることながら、前菜やカレーの付け合せのキャベツなど、全般的にレベルの高いもの。
わざわざ電車に乗って押上くんだり(近所の方ごめんなさい)まで出かけた甲斐があったというもの。
これで溜飲が下がりました。ということで、しばらくは行かなくてもいいかな(笑)
でもって、同行した人から手作りのチョコレートケーキを頂戴しました。
sweetですね。いろんな意味で。
とにもかくにも、また1つオッサン指数が増したにもかかわらず、Ochiさんのgirlieっぷりは留まるところ知らずで暴走したままです。
さて、十二分にバースデーウィークはエンジョイした。1週間がんばろ。
posted by Ochi at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Curry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

強者ども

また来てしまいました携帯に間違いメール。
今度のメールはこんな内容。
件名:明日の野球
7:20諏訪集合忘れないように。
いやムリです行けませんって。さっき終電で帰ってきたばかりだし。だいたい諏訪って何処よ?長野県諏訪市?
オイラの携帯アドレスを間違って教え歩いてるニセおちさんにだんだん会いたくなってきました。

さて、今日は楽しみにしていたイベントの日。昨日からイベント続きだな。
それは何かといいますと。
いつもお世話になっています「お気に入りのカレー屋さん200」のたあぼうさん主催のオフ会だったのです。
先日めでたくも200店制覇をされたということで、それを記念してのオフ会。
総勢22人という大人数で京橋にあるダバ・インディアに押しかける。
で、参加している人もなかなかの猛者揃い。
たあぼうさんはもちろんのこと、わざわざ鹿児島から上京してきた人や、プリンを1000個以上食したという「ぷりん友の会」会長などなど。めちゃめちゃ濃厚メンバーでした。
そんなメンバーだから、食べ物屋の話になると盛り上がることこの上無し。
特にカレー談義ときたらもぉ。全然太刀打ちできません。
個人的にはものすごく刺激を受け、かつ楽しませてもらいました。みなさんに感謝。
すごかったのは、2次会で行った居酒屋のメニューに載っていたキーマカレー&ナンを全員一致で注文したこと。
もはやお約束なのですね。まるでオイラがスイーツ食い続けるかのように。
「Ochiさんはカフェオフ会とかしないのですか?」と聞かれたのだけど、う〜むみんな来てくれるのだろうか?
オイラのペースでカフェハシゴさせてたら、サバイバルオフ会になることは間違いないな(笑)
posted by Ochi at 01:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | Curry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

Project C-Cube - 金魚CAFE、Pintxos Cafe Buena@代々木

お待たせしました。お約束通りProject CCubeのエントリです。
今回のメインテーマは、代々木にある金魚CAFEの「伝説の白いカレー」を楽しむこと。
参加メンバーは、オイラOchiとオイラのカフェ師匠であるHさん。そして、たあぼうさんと彼の元仕事仲間の4人です。
まず前半戦のカレーレビューを読んでから、こちらの続きをご覧ください。
こちらのリンクから、たあぼうさんのサイト「お気に入りのカレー屋さん200」へジャンプします。

さてここからは後半戦。カレー後の話から書いてきます。
カレー後のお楽しみは、何といってもスイーツ。
ということで店員さんにデザートメニューをもらおうとしたところ、何とランチタイムの金魚CAFEはスイーツの提供が無いとのこと。あちゃ。
ここのアイスドリンクはちっちゃな金魚鉢型のグラスで供されるので、それも楽しみにしてたのに。残念。
ということなので、急遽我々4人は河岸を変えることにしました。

移動先は、これまた代々木にあるPintxos Cafe Buena。金魚CAFEからは歩いて3、4分の位置。
金魚CAFEとは対照的な大き目のハコ、高い天井、スタイリッシュなインテリア。
コーヒーはilly社の豆を使用したイタリアン。
そして、このカフェのイチオシは店名にもあるピンチョス。
メニューの真ん中見開き2ページで紹介されている約20種のピンチョスは、見ようによっては魚の一群にも見える。ある意味金魚カフェですか。

とりあえず全員お茶をオーダーし、店員さんにお願いしてデザートメニューも出してもらう。
実はみんなそれほどお腹が空いていた訳では無かったのかもしれないけど、オイラがマロンレアチーズケーキをオーダーするのに合わせるかのごとくスイーツもオーダー。
かくして、食後のデザートタイムとなるのでした。
供されてきたカフェラテにはハートのマーク。いわゆるラテアートが施されている。
でもオイラが頼んだカプチーノはいたって普通。なーんだ。

しばらくしてからお待ちかねのスイーツ登場。
師匠Hさんが「う〜ん。ショーケースを見た感じだと、どーもここのスイーツは自家製じゃなさそうねぇ。」とオーダー時にボソッとこぼす。
で、どうやらそのイヤな予感は的中したらしい。
彼女の頼んだブランマンジェは想像してたのより固めでブランマンジェ自体の味があまりせず、上にかかってたブルーベリーソースの味が強すぎるとのこと。
オイラのオーダーしたマロンレアチーズケーキも、レアという割にはスポンジ固めでイメージしてたのとはちょっと違ったし。
ま、それでも完食してしまう訳ですが。

お店の雰囲気としては、休日昼間と言うこともあってかそれほど混雑してなく、会話を楽しむには及第点の感じ。音楽もジャマになるほどの音量ではないし。
みんなでいろいろなテーマの話をして、もうほとんど異業種交流会状態。結局小1時間ほど居座りました。
金魚CAFEと合わせて約2時間半のカフェ巡り。で、この日の講評を師匠Hさんにお願いする。
「そーねぇ。金魚CAFEはランチタイムでスイーツが食べられなかったのが残念で80点。Buenaは、ハコ的には良かったのだけど、食べたスイーツがイマイチだったのを減点して65点ってとこかしら。」
う〜む、なるほど。やっぱスイーツって重要なのね。覚えときます。あと、金魚CAFE行くならランチタイム後の15時以降がお勧めってこともね。

■今回訪れたカフェの情報はこちらから
金魚CAFE
Pintxos Cafe Buena
posted by Ochi at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | Curry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

Project C-Cube Kick Off

今朝新宿を歩いてたらLUMINE2の横にカフェらしき店舗を発見。
もちろんいつものごとく、吸い寄せられるように近寄っていく。
するとそこにはespressoならぬteapressoの文字。
そう。濃い紅茶にフォームミルクを加えた「ティーカプチーノ」なるドリンクを供するお店でした。
店名は"dama teapresso"。興味のある方はお試しあれ。LUMINE2のflags側にあります。

で、何故新宿に行ったのかといいますと、人に会うためで。
その人とは、当blogでもおなじみ「お気に入りのカレー屋さん200」の管理人たあぼうさん。
以前ちょっと話が出ていた、カフェとカレーのコラボレーション企画のためにカレーの王様に謁見してきた訳です。
そのコラボ企画とは・・・(オイラが勝手に)名付けて"Project CCube"
Cafe、Curry、Collaborationの頭文字Cの3乗(cube)ということです。単純。
カレーの美味しいカフェをお互いのblogで紹介するというもの。
しかも「カフェでカレー+αの食事はデートコースとして使えるのかを徹底検証」という無謀なテーマにチャレンジ(笑)
徹底検証するために、ちゃんと女性を同伴して女性目線で判定してもらうルールを設定。
これには2人ともかなりの不安を抱えていたものの、何とかお互いパートナーを確保。
そして決戦の地、代々木の金魚CAFEでご対面するのでした。
この模様は、別エントリで紹介させていただきます。たあぼうさんとこと連動してupしますのでしばしお待ちを。乞うご期待。
posted by Ochi at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Curry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする