2006年03月01日

ヨシエさん

会社の同僚と「ヤサグレーズ」なるグループを結成しましたリーダーOchiですデモチベート。
これで気付いたのだが、会社の人が意外と「やさぐれ」という言葉を知らなかったこと。
「こげぱん」あたりでメジャーになったかと思ってたのだが、そうでもないのね。
ちなみに意味と語源はこういうことらしい
しかしこの語源由来辞書の月間ランキングったら。利用者はみんな厨房か。

それは月曜日の夜のこと。
会社帰りに高円寺にカフェ取材に出かけた。
北口にある「花鳥風月」を狙っていたのだが、あいにく定休日。
ということでバックアッププランのcafe apartmentを訪問。
このカフェの面白いところは、ランチョンマット代わりにワラ半紙が敷いてある。
そしてその横に5色のサインペンが置いてある。
つまり、時間つぶし等に落書きとかして楽しんでいられるという趣向なのだ。
へーなるほどねー、と感心。
じゃあせっかくだから、何か描いてみようかねぇ、と。
で、テーマを考える。が、当然の如くロクなもんは出てこない。
ふと、どういう魔が差したのかは分からないが「サザエさん描いてみよっか」と。
まぁ言うてもサザエさんフリークだし、小難しいデザインじゃないし。
ということで、ホイホイと描いてみた。
ら。

・・・・・・。
違う。サザエじゃない。むしろ、何だろう、「ヨシエ」って感じになっちまった。
きっと漢字で書いたら「良恵」に違いない。良妻賢母になるようにという親の願いが込められてるんだ。
にしてもヨシエはなんで浮かない顔をしてるんだ。そんなことじゃ旦那に心配されるぞ。
旦那は・・・そうねぇ、「邦夫」ってとこかな。絶対に「マス夫」なんて名前じゃない。
・・・・・・。
ハッ!
いかん。脳内アニメ劇場「ヨシエさん」が繰り広げられてた。
つか、ひど過ぎ。あまりの絵心の無さにトホホホホ。
ということで、絵心ありまくりの人に正解例を書いてもらう。(会社でムリヤリ)
彼女がサラサラッと描いたのは、こんな。

うむ。100点満点ではないにせよ、100人中90人以上がサザエだと認識できるレベル。
改めて美術工芸の類が苦手なことを認識させられる(´・ω・`)ショボーン
味があっていいと思うけどさぁ、ヨシエさん。ダメっすかね?
posted by Ochi at 23:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | Tokyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どちらかと結婚しろ!しなければいけないと言われたら、上の絵の人かなー。。。

そう言えば、高校時代の好きな子の名前がヨシエでした。

どーでもいいでーすねー。
Posted by おがりん at 2006年03月02日 23:30
よしえさんにではなく、Ochiさんに勝てるもの発見!いらすと!
Posted by michi at 2006年03月02日 23:56
>おがりんさん
そこで敢えてヨシエを選ぶあなたの眼力に脱帽。

>michiさん
いやいや。勝ってないって。笑
Posted by Ochi at 2006年03月04日 01:09
今、「ヨシエ」を見直してふと思った。

この人、21階の井○さんに似てない?。。。
Posted by おがりん at 2006年03月04日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック