2010年05月07日

辞め時

ハーマイオニーがもはやハーマイオニーじゃない件について
もうオトナの女よね。すっかり。まぁいずれこうなることは予想がついたが。
子役ってのはタイヘンだよね。どうしても子役時代のイメージが抜けないから。
ダコタ・ファニングももう16歳だっていうし。そりゃオイラもオッサンになる訳だわさ。

会社を辞めるのは結構なストレスらしい。
昔々に聞いた話だからどの程度信憑性があるのかは分からんが。
それが事実だとしたら、オイラは相当ストレス耐性があることになる。
なにせ5回も会社を変わってる訳だし。
で、その昔勤めていた会社が、とある事でマスコミ沙汰になった。
知り合いや同僚が居たりもするので、気になり見てみたのだが、分かりきったような話。
つまり、内部の人間にしてみりゃ何をいまさら的なストーリーだってこと。
ほんと、つくづく辞めてよかったと思える会社ですよ。こういう言い方もアレだが。
会社を辞めない努力というのも必要かもしれないが、それが一線を越えたら意味が無い訳で。
ダメだと思ったら辞めるべきだね。会社なんて社長の数ほどあるのだし。
posted by Ochi at 23:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | Tokyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ!?うち??
Posted by 山田 at 2010年05月07日 23:37
>ヤマダ
いやいや。もっともっと昔に勤めていた会社のこと。
Posted by Ochi at 2010年05月08日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック