2010年03月10日

スピード

まだなんか正直信じられないのですよ。
別にそんなに親しかった訳でもないんですが。知っている人の不幸というのはこういうもんなんですかね。
「忘れる」というファンクションの大切さを噛みしめています。

で、昨日の話ともちょっと絡むのだが。
情報の流れるスピードというのが年々早くなっている。
例えば、昨日の一件。日曜夜の話が火曜の昼には伝わっている。
恐らくオイラがTwitterをやってなかったら、このスピード感ではなかったはずだ。
これがブログ時代だと、たぶん情報入手するまでに1週間ぐらいはかかっていたのでは。推測だが。
ぼやぼやしてるとすぐにTL流れちゃうもんね。それだけ発信も受信も早くなってるってことだよね。
で思いついたのが、もしもしょこたんがTwitter始めたらどうなるのか、ということ。
ブログですら1日100エントリ上げとかしてたんだし。なんなら5秒おきにつぶやきそうな勢いだな。
そうするとTL埋め尽くされてしまうので、ウザくてフォローしなくなるという展開になりそうだな。
やっぱ何事もほどほどってのが大事なのかも。とか思ったりする。
posted by Ochi at 23:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | Tokyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ochiさん、元気出して!
「人の死は多忙な今を見つめ直すいい機会。
それぐらいに思って欲しいと故人は思ってる」
そんなことを何かの小説で読みました。
落ち込みすぎず、前向きに捉えた方が故人も喜ぶってことですよね。

2000軒記念は部員が仕切らせてもらいますよ、部長‼
Posted by ミッタ at 2010年03月12日 12:11
>ミッタさん
すいませんご心配をおかけして。
きっとマスターもあっち側で楽しんでいることでしょう。
いつか向こう側に行った時には、カレーをご馳走してもらいます。慌てては行かないけど。
Posted by Ochi at 2010年03月13日 01:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック