2008年12月15日

WorldWideCurry Vol.20 - Kimama Kitchen(オーストラリア・シドニー)

curry_020.jpg旅慣れるというのも考えもので。
だんだん海外旅行に対する緊張感というものが薄れてきているのである。
以前は1週間がかりで準備とかしたものだが。
今回は出発5時間前に荷物を詰め出して。
飛行機の中で「地球の歩き方」を読みながらプランを始める始末。
このシリーズのことも、すっかり失念してましたよw
では、どうぞ。

-----
そんな訳で、シドニーでもカレーを食べねばならない。カレーブロガーとして。
だが、全くそんなこと調べちゃいない。
ま、現在はインターネットという便利なものがあるからね。
ということで、Google様に「シドニー カレー」で問合せ。
そしたら、こんな結果が
1つ1つ読む根気も時間も無いので、1番目の結果でOKとすることに(爆)
読むに、チャイナタウンのフードコートにあるジャパレスのようだね。
それほど遠くないし、これでいいやね。
と、非常に安直な理由で今回のカレーが決定。いいのかね、これで。

せっかくなので、トラムに乗ってチャイナタウンに移動。これも旅の醍醐味。
お目当てのフードコートを求めて彷徨うこと数分。意外とあっさりと発見。
店の中には2人のアジア系女性。日本人かどうかは定かではない。
メニューを眺める。カツカレーが$8.80とのこと。ふむ。
ま、カレー食べに来たんだから、ということで注文。英語で。
すると店員さんがメモ帳に「カツカレー」と書いた。日本語で。
すかさず「日本語で話した方がいいですか?」と質問。日本語で。
「えーーーっ、日本の方ですか??」と予想外のリアクション。いやそんなに驚かんでも。
ついでに味噌汁($1.50)も付けてもらうことに。妙に話がはずんだこともあって。

待つこと約3分。出てきたお皿は超特大。
横幅にして40cm以上はあろうか。何ですかこのオージーサイズ。
奇しくも朝食を約2人前食べ、ランチにも大きめポーションのサンドイッチを食べている。
相当苦しいな、これは。そう思いながらも、とりあえず頑張ってはみることに。
まずはルーから。一口つついてみる。
・・・。うん。普通だね。
ちょっと海外での日本風カレーのような、独特のルーの味もする。
が、全体としては及第点かも。まだ許される範囲の中にいると思われる。
カツにはトンカツソースがかけられている。ちょっと甘めだね。
食べ進んではみたが、やはり半分を過ぎたところから急激にペースダウン。
がんばって90%は片付けたものの、もはや限界。ごめんなさい。
このサイズで来ると分かっていたらハーフサイズにしてもらったな。さすがに。
もし訪れることがあったら、まずはサイズについて問い合わせること。日本語でもOKのようだし。

■Information
Shop207 Eating World Harbour Plaza
25-29 Dixon St. Haymarket -MAP-
その他詳細不明。すみません。
posted by Ochi at 19:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | Curry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このシリーズも楽しみにしてました☆

40センチとはさすがですね☆
日本の方だったとは…。そう訪ねて日本人と認識される語学力が羨ましいです。
Posted by かりん☆ at 2008年12月17日 09:02
>かりん☆さん
すっかり失念してましたよ、このシリーズ。
思い出してよかったです。あぶなく忘れて帰国するところでしたw
Posted by Ochi at 2008年12月17日 20:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック