2008年09月15日

辛くできますか?

3連休の最後の夜。
に、やらねばならないことが山盛りに積み残されている。
要は、連休中に遊び呆けていたからなのだが。
ただいまイソノカツオ状態でいろいろと片付けてます。うぅ(涙)

さて。話は遡ること昨日の夜。
夕方、新宿からの帰り道。晩ごはんをどうしようかと悩む。
と、そこに1つのひらめきが。
初台に行ってみようか。
というのも、気になる店があったのだ。
その店の名は「やぐら亭」。宇宙一辛いというラーメン「ほたる」が有名である。
先日、辛党のおっさんさんがレベル8に挑戦し、敗れ去ったという記事を読み、気になっていたのだ。
あの辛党さんが食べられないだなんて。まさに宇宙一かもしれんな。
そしてオイラは初台駅に降り立つのである。

20080915_1.jpg
駅から歩くこと7、8分。
どこか昭和チックな商店街を進んでいくと、やぐら亭が見えてくる。
店に入る。と、客は他にいない。オイラだけだ。
「ご注文は?」の問いに「ほたるのレベル1で」と即答。
もちろんレベル8は1000%無理なので、まずはレベル1から挑戦。

20080915_2.jpg
待つこと10分少々。「お待たせしました」の声と共に、それは現れる。
スープの表面に蒼い炎がくゆっている。黒い中に、怪しげな赤の物体がチラホラと。
恐る恐るスープをひと口すすってみる。
・・・辛いね。つか、痛いね。
ハバネロの刺激がストレートに、舌に喉に伝わってくる。
麺にもハバネロが練りこまれているという徹底ぶり。
食べ進められない辛さではない。が、シンドイことは確かだ。
オイラの場合、特に喉に刺すような刺激が来る。麺をスルスルっと吸うことが出来ないほど。
ちょっとずつ、ちょっとずつ噛み切りながら、食べ進める。

20080915_3.jpg
それでもどうにか、麺と具は完食した。
が、スープは飲み干せないな。絶対にむせるだろうし。
ヒーヒーの舌と喉を抱えながら、お店を後にする。
オイラ的指標では、以前のルソイのvery hotよりは辛くないと感じた。完食できたことを考えると。
ただし、辛党さんやとんがらしさんの言う、旨味に関してはまるで感じることができなかった。
たぶん、この辺りがオイラ的には辛さの上限なんだろうな。そう思いながら家路に着いた。
しかし。激辛チャレンジはまだ終わってはいなかった。
家に帰ってから、これまでに味わったことの無い腹痛。
カフェ8軒をものともしない鋼の消化器官を誇るオイラの胃腸が悲鳴をあげているのだ。
つまり、オイラの上限を超えてたって訳だね。あな恐ろしや。
そして、そのおかげで今日1日を棒に振ったオイラがいるということで。
やっぱオイラには激辛はムリムリ。甘党のおっさん道を進む決意を新たにしたのである。
posted by Ochi at 22:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | Tokyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

私も以前タイ料理でかなり辛いのを無理して食べたら
トイレから出られなくなった事がありますm(_ _;)m

無理はいけませんやね。
私も甘党行きですかねぇ。
今日は結婚式の2次会に行ってきましたがケーキ7個
食べちゃいました(ノ∀`)タハー

それでは、失礼しました。
Posted by USHIZO at 2008年09月15日 23:56
おぉ、初台ネタうれしいです♪
「ほたる」はそんなに辛いんですか!知りませんでした。
こちらのラーメン屋さんでつけ麺食べましたが
私はそのつけ麺でさえ辛くて完食できませんでした。

それから、初台に「Asian Cafe Red Dragon」という怪しげなカフェを
見つけました。こちらのカフェでは、お隣にある「ASIAN PALM」の料理を
出前してもらえるとか。勇気がでたら、潜入してみます。
Posted by mu at 2008年09月16日 21:22
>USHIZOさん
USHIZOさんでも辛いと思うものがあるのですね。
ケーキ7個はスゴイですね。
「カレーとケーキが大好き日記」を書かれては(ry

>muさん
「ほたる」は強烈ですよ。
お腹の中のどのあたりにいるのか分かりますから。
怪しげなカフェ。気になりますのぉ。
一緒に潜入しますか(笑)
Posted by Ochi at 2008年09月17日 00:05
辛いもんってね、イケル時はいけちゃうんですよね。
何だろう、あのちょっとしたツボ。
ルソイではとてもヤな思い(笑)したんだけど、あれを越える辛さでも、タイ料理だと食べられちゃう。
どうも辛さには意地悪なのとそうじゃないのとがあるようですな。
Posted by はぴい at 2008年09月18日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック